ドクター

更年期障害よさらば|辛い症状を撃退する技

気になるいびき

横になる男性

いびきをかく人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。これは寝ているとき、10秒以上の無呼吸状態が頻発するもので、酸素不足で身体的に負担がかかっている状態です。呼吸器科などの医療機関を受診し、治療してもらいましょう。

詳細へ

ウィルスによる

腹痛

主な原因が分かっていることで有名な肝臓がんです。原因となる肝炎ウィルスへの感染予防が、肝臓がんの予防にもなるといえます。また、アルコールの大量摂取も肝臓がんの発症を高める可能性が高いので、注意が必要です。

詳細へ

早期発見と予防を心がける

お腹を触る男性

男性に多い食道がんは、喫煙や飲酒の習慣によってリスクが高まると言われています。進行してしまうと食べ物が上手く食べれなくなってしまうため、早期に対処していかなければいけません。精密に調べていく検査や状態に合わせた治療が行われるため、疑いのあるときは早めの受診が大切です。

詳細へ

女性の健康のために

下を向く婦人

自分の体を知ろう

閉経の時期になると、卵巣の機能が低下します。この結果、女性ホルモンが低下し更年期障害が引き起こされます。女性の心身は女性ホルモンの影響を受けているのです。更年期障害の症状は早い人では30代で現れることもあります。まだ先のことと油断せず、早めに対策を考える必要があります。具体的に二つ対策を挙げます。一つ目は、基礎体温を付ける習慣を持つことです。自分の月経周期を把握し変化がないか注意してください。卵巣の機能が衰えると低温期や高温期の期間に変化が出ます。二つ目は、信頼のおける内科医をかかりつけ医に持つことです。症状がでてから、医師を探すのは時間がかかり、一回で良い医師に当たるとも限りません。小さな変化を相談できる医師と健康な内からつながっておく必要があります。

大切な時期だからこそ

何の備えや知識もなく更年期障害の症状が出ると、人は動揺します。だるさ、ほてり等の身体症状の原因が分からず、ストレスを感じます。ストレスは更年期障害を深刻化させる要因となります。また、自分の体の変化を正しく理解することは、周囲への理解を得やすいという利点があります。家族や友人にとっての安心にもつながります。更年期障害が起こりやすい年齢は、ライフステージに大きな変化のある時期でもあります。例えば、子供の自立、仕事での昇進などです。これは、大切なイベントでもありますが責任感もます重圧でもあります。乗り切るためには、心身ともに健やかでいる必要があります。更年期障害は避けては通れない面もあるため、早めに対処する必要があるのです。内科のあるクリニックであれば、患者の症状に合わせた治療方法を提示してくれるので、着実に症状を回復させていくことができるでしょう。基本的には、ホルモン治療が行われることが多いようです。