ウィルスによる|更年期障害よさらば|辛い症状を撃退する技
女医

更年期障害よさらば|辛い症状を撃退する技

ウィルスによる

腹痛

無症状が多い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれています。沈黙の臓器と呼ばれている理由については、肝臓の棒気になっても症状が現れにくいということがあるからです。そんな肝臓の病気の一つの肝臓がんは、主な原因が分かっているがんのひとつです。肝臓がんになる主な原因は肝硬変です。その肝硬変になる病気というのが、肝炎ウィルスへの感染があります。肝炎ウィルスの種類は、A型、B型、C型、D型、E型と多くあります。肝臓がんと関係があると言われているのは、B型とC型です。このB型やC型の肝炎ウィルスに長期間の間感染することにより慢性肝炎に移行して、そこから肝硬変へ進行して肝臓がんになるという順番です。肝臓がんには、原発性肝臓がんと転移性肝臓がんがあります。

原因や症状

また、肝硬変の原因の一つとしてウィルス感染以外にも大量の飲酒で肝硬変になることは有名なことです。肝硬変になってしまうと肝臓がんへと進行してしまう可能性がたかいため、飲酒の習慣がある人は日頃から注意することが大切です。それ以外の原因として、生活習慣による脂肪肝も肝炎になり、そこから肝硬変になる場合があります。肝臓がんは初期症状がほとんどありませんが、進行してくると腹部の圧迫感や痛み、疲れが取れなくてだるい、食欲不振などの症状がでてきます。肝硬変の症状として、白目が黄色くなったり肌が黄色くなる黄疸といわれる症状やお腹に水がたまる腹水やむくみが起こることもあります。治療する場合は、どれだけ肝臓がダメージを受けているかが重要になります。