気になるいびき|更年期障害よさらば|辛い症状を撃退する技
女医

更年期障害よさらば|辛い症状を撃退する技

気になるいびき

横になる男性

主な特徴

いびきは周りの人に対してうるさくて迷惑をかけるだけではなく、病気が隠れていることもあります。睡眠時無呼吸症候群もその一つで、睡眠時無呼吸症候群のいびきの場合は注意が必要です。睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に、10秒以上の呼吸停止が起きると無呼吸と言い、それが7時間に30回以上起きると睡眠時無呼吸症候群と言われています。又は、1時間に5回以上呼吸が止まる場合も可能性があります。この症状が問題になるのは、寝ている間の無呼吸によって起きているときも身体に影響を及ぼすことです。睡眠中に何度も呼吸が停止するので、酸素不足になります。本人は眠っているので無呼吸が何度も起きているのに気がついていないのですが、脳や心臓、血管に負担がかかっています。

診断や治療方法

睡眠時無呼吸症候群はSASと呼ばれているのに対して、睡眠呼吸障害(SDB)という言葉もあり、無呼吸にはなっていないけれど止まりそうな呼吸を低呼吸と呼びます。この睡眠呼吸障害が酷くなり、日中の生活にも支障をきたす症状がある場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。睡眠時無呼吸症候群の患者は、循環器病や脳卒中などを合併しやすくなります。どの専門科で診察を受ければいいのか悩むところですが、呼吸器科、耳鼻咽頭科、循環器科などで受けられます。各医療機関で確認してから受診することがおすすめです。診断には、簡易型睡眠モニターで酸素濃度などを測定します。治療方法は、手術、マウスピースの装着、CPAP療法といった3種類があります。