早期発見と予防を心がける|更年期障害よさらば|辛い症状を撃退する技
女医

更年期障害よさらば|辛い症状を撃退する技

早期発見と予防を心がける

お腹を触る男性

食道の状態と対処法

食道は咽頭から胃までの通路であり、その長さは約25cmとなっています。日本人では、この部分の胸のあたりの食道中央付近にできる食道がんが半数以上を占めています。食道がんは粘膜の表面にある上皮から発生し、日本人の約9割がこの扁平上皮がんと言われています。食道がんの一般的な検査は、造影検査や内視鏡によるものです。これで食道がんと認められた場合、進行状況に合わせた治療が行われていきます。進行していない初期であれば、外科手術でがんの摘出が行われます。しかし、進行している状態であれば、食道の一部分を摘出することも少なくありません。また、外科手術が難しい状態であれば、化学療法や放射線療法によってがんの抑制を目指していきます。

リスクを避けるには

食道がんができてしまう原因と言われているのが、喫煙や飲酒です。喫煙や飲酒によってリスクが高まるがんには咽頭がんや肺がんが挙げられますが、食道がんもそれに次ぐ原因となります。こういったことから食道がんは圧倒的に男性に多い特徴があり、予防法はこれらの習慣を見直していくしかありません。喫煙に関しては禁煙に向けて徐々に努力するようにしたり、飲酒も適度な範囲内で毎日飲酒するのは控えていくようにすることです。食道がんが進行してしまうと、食べ物が食道に上手く通りづらくなるので、食事ができにくくなってしまいます。そのために体重減少が目立つようになり、栄養の欠如が心配されます。進行を防ぐには早期発見が一番となり、日頃の予防が健康体へとつながります。